Motorcycle history

日本製バイクの黎明期と言えた戦前には、米国製ハーレーダビッドソンを正規に
国産化した陸王に対して、数少ないバイクメーカーたちの代表とされたキャブトン、
及びメグロは外国製エンジンと車体を模して製作するのが通例でした。
次第に通勤通学に使われたり、主婦層をターゲットとしたものから
現在ではスポーツタイプのものなど幅広くなっています。

Parts

ハンドル

アップハンドルはグリップとハンドルポスト(ハンドルの付け根の部分)の高低差を大きくしたハンドル。
体が起きるライディングポジションとなるため、ツーリングバイクやスクータ、ネイキッドバイクなどに採用されています。
他にもセパレートハンドルがあり、セパレートハンドルはレース用のオートバイから採用されはじめ、
公道用の車種にも採用されるようになった。レース用のオートバイは乗員の乗車姿勢を前傾姿勢にして前面投影面積を小さくし、
空気抵抗を減らすためにハンドルの高さを低く作られる。セパレートハンドルはバーハンドルに比べると、ハンドル位置を低くしやすく、
なおかつ軽量に作ることができるために採用された。一方、ツーリングなどで長時間走行する用途においては、
前傾姿勢によって腕や背中、首が疲れやすいため不向きである。

メーター

どのくらいスピードが出ているか計測するスピードメーターとバイクのエンジンの回転数を表示する計器のタコメーターがついている。

ウインカー

方向転換するのに使用するパーツで車体の前後左右に4つついている。

バックミラー

後方及び後側方を視認するための器具。自動車部品としての法令用語は「後写鏡」で取り付けられる位置によっていくつかの種類に分類される。
バックミラーは和製英語であり、英語では、室内のものをインナー リア ビュー ミラー(Inner rear-view mirror)、フェンダーミラーやドアミラーなど車外のものを
アウター リア ビュー ミラー(Outer rear-view mirror)と呼ぶ。

エンジン

冷却方式、排気量や気筒数などでさまざまな形式があり、主に自動車エンジンやガスタービンエンジンなどの、原動機の中でも特に熱機関を用いているもの。

キャブレター(気化器)

ガソリンと空気を調合して、混合気を作り出している。現在バイクでは主流の燃料供給装置。
エアクリーナより取り入れた空気とガソリンで混合気を作りエンジンに送り込むのがキャブレターの役目です。

ガソリン(フューエル)タンク

燃料タンクのこと。タンクの取り付け位置は衝突時の安全性を左右するほか大きなスペースも必要となる。

フロントフォーク

フロントフォークはステアリングコラムと呼ばれる軸部で回転可能にフレームに支持され、
ステアリングコラムの下端に前輪軸の両端を固定するブレードまたはレッグと呼ばれる部材が接続された構造である。
フロントフォークを構造で区分すると、リジッドフォークとサスペンションフォークの2種類に分類できる。

ディスクローター

ホイールにつけられた円盤。キャリパーの中にあるパッドで挟み、制動力を発生させる。
ブレーキローターには摩擦熱に強く、放熱効果が高い素材が求められることから、自動車には鉄、バイクにはステンレス鋼製のものが主に使用される。

ブレーキキャリパー

ディスクブレーキを構成する部品の一つである。ブレーキパッドをブレーキローターに押さえつける役割を果たし、摩擦による制動を可能とする。
ブレーキキャリパーには摩擦熱に強く、放熱効果が高い素材が求められることから、自動車には鋳鉄製のものが主に使用される。
バイクやスポーツカーなどではアルミ合金製の物が用いられることもある。

タイヤ

バイク走行時の衝撃緩和や、安定性の向上、路面とのグリップ確保などを目的に、ホイールにはめ込むゴム製のパーツです。
バイクのタイヤは中空構造をしており、通常、空気や窒素などの気体を注入します。以下のような種類がある。
ラジアルタイヤ、バイアス、スリック、ソリッドタイヤ等。

ヘッドライト

自動車・オートバイ(自動二輪車、原動機付自転車)用の場合、前面の左右にそれぞれ1個ないしは2個が
運転者の視点より低い位置に左右対称に取り付けられる。通常、ハイビーム「走行用前照灯」(上向き(正確には水平)・遠目)と
ロービーム「すれ違い前照灯」(下向き・すれ違いビーム)を切り替えることができる。

シート

座る部分で、座り心地によってライディングに大きく影響する。

マフラー(消音器・サイレンサー)

マフラーの役割は、バイクのエンジンの吸気⇒圧縮⇒爆発⇒排気という行程の最後になる排気の際に、
燃焼されたガスをスムーズに排出し、かつ消音するための装置、ということになります。また、マフラーは排気ガスの冷却や音量・音質の調整などという役割も担っています。

スイング(リア)アーム

一端を回転可能に支持されて他端に部品を固定するなどの機能を持たせた機械構造である。

ステップ(フットレスト)

バイクに乗る際、両足を置く場所。

レバー

右側がフロントブレーキブレーキを操作するレバーのこと。レバーに掛ける指の本数によってワンフィンガー、ツーフィンガー、
4フィンガーとデザインと共にレバーの長さが変わる。左側がクラッチのレバーで回転力の伝達と遮断に関わる機械要素の1つである。
2つの回転軸の間にあって互いの接続を結合/分離することで回転力の伝達を伝えたり切り離したりする。

テール(ストップ)ランプ

車の後ろについているランプ。ブレーキを踏むと赤く点灯する。

ラジエター

水冷エンジンに搭載されるクーラント冷却器。エンジンの前部に配置されて、走行風によってクーラントを冷却する装置です。
エンジンが大きいほど大容量のラジエターが必要になります。ラジエーターはエンジン冷却装置の主要部品としてエンジン各部から運ばれてきた熱を
冷却水により空気中に放散させる重要な役割をもっています。

リヤサスペンション

リヤサスペンションは車体を構成する要素の一つで、車軸を支持しながら路面の凹凸を吸収して
振動を抑制しタイヤの接地を適切に保つための構造である。

  • カークリーニング竹花 | 車内清掃・クリーニング
  • 車内クリーニング、車内清掃はカークリーニング竹花にお任せ下さい。創業31年の技で愛車をピカピカに☆出張専門で埼玉から東京、千葉、神奈川までお伺いします!出張料金は埼玉近郊(10km以内)は無料、東京・千葉・神奈川で3,150円!
  • アドバンス | ガラスコーティング 埼玉
  • カーコーティング ポリマー カールームクリーニング カーフィルム ウィンドリペア ガラスエッチング 埼玉県川口越谷さいたま草加春日部市カートータルケア アドバンス
  • G-NET | 自動車ガラス交換
  • 当店では大田区や世田谷区、品川区などの東京23区に対応し、他にも川崎市エリアの自動車ガラス交換やフロントガラス修理などのサービスを提供。
  • HOKARI(ホカリ) | 自動車ガラス
  • 大田区の自動車ガラス交換、フロントガラス修理は帆苅自動車硝子にお任せ下さい。東京23区、川崎市エリア対応。